コトバ遊びを楽しむ

2019年11月25日

11月23日にOSAKAしごとフィールド主催、はたらく学校文化祭に参加しました。

シャープ公式ツイッターの山本さん、編集者のたらればさん、コピーライターの長谷川さんが

登壇され、「悩める職歴書、添削します」ということで、架空の職歴書を添削したんですが、

予想以上に面白かったです。

 

たくさんのお話しが出ていたんですが、私が気になった部分をいくつか・・・

・就活は『人対人』

・下請けという言葉は使わない。みんな横並び

・やりたいことを躊躇してしまう→とにかくやってみればいいじゃない

・テンプレ、どこかで聞いたことのある言葉

 →不安でテンプレに頼りたくなる気持ちは分かるけど。。。

・テンプレを止めて自分のいつもの言葉で

・自分の仕事を目に見える形にする→ポートフォリオ。SNSのスクショを使う

・おじさんは名言が好き

・言われたことをやってきただけ。なにを伝えたら?

 →やってみて楽しかったこと。エピソード、感情

・(採用にならなくても)自分と会社があっていないだけのこと

・自分のことを大事にする

 

コトバのチョイスが上手いから、話しがどんどん頭に入ってくる感じでした。

会場でSNSを使って質問を募集していたんですが、翌日、全部の質問に長谷川さんが答えて

おられて、「すごい!」と思いました。終わってしまったイベントのSNSを見る人って

どれくらいいるか分からないじゃないですか。無駄になってしまうかもしれない。

でも、質問された方は必死ですよね。うまくいかなくてなにかヒントを探しに来た方の

立場に立って対応する人なんだなと思いました。

 

ココナラに志望動機の作成を出品していて、普段の仕事も履歴書、職務経歴書を拝見する機会

が多いんですが、応募企業のどこに魅力を感じたのか、入社したらなにがしたいのかを自分の

コトバで書かれている方は、窮屈さを感じないというか、一緒に働いてみたいなと思わせる方

が多いです。もちろん書類上だけでなく、面接でも自分のコトバだからこそ、力強く、説得力

のある話ができますよね。

私は不採用になっても応募者の方の価値がどうこうではなく、その会社と縁がなかっただけだ

と思っていて、自信をなくさず、自分のやりたいことをする人の応援ができれば嬉しいです。

 

ツイッターで「#はたらく学校文化祭」で検索すると、詳細見れますのでぜひ!

 



お問合せフォーム|みどりカウンセリングルーム

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)


※確認用

電話番号 (必須) ※ハイフンは必要ありません

郵便番号 (必須) ※ハイフンは必要ありません

住所 (必須) ※郵便番号入力で自動挿入されます。
金曜・日曜日以外のカウンセリング場所のご相談に使用します。市区町村までご記入ください。

メッセージ (必須)

スパム防止のためにチェックをお願いします

注意事項

※万が一、3日が経過しても返信・お電話のない場合は、アドレス間違い等のトラブルの可能性があります。誠にお手数ではございますが、再度お電話にてお問い合わせいただきますよう、お願い致します。

※迷惑メール設定によって、返信メールが届かないという場合、メールの受信設定をよくご確認の上、お申し込みをお願い致します。

TOPへ戻る